2018年春アニメ。"ダーリン・イン・ザ・フランキス", "Beatles"が継続なのは朗報。
今期個人的に楽しみにしてるのは"ヒナまつり" "STEINS;GATE 0"かな。
 "東京喰種:re"?、どうなんだろ?うーん..原作読んでるからな..アニメだとどう印象が変わるのかそこに期待。
まあ3ヶ月後に控える"進撃の巨人season3”を前に
ポプテピみたいに化けるアニメの登場を期待したいところではあります。
いつも通り、順不同・視聴順にコメントしていきます。

*ただし(例外はあるけれど)日々挫折と成長を繰り返していくステージアイドル系、
 キッズ向け枠、玩具メーカータイアップ系、BL・乙女ゲーは除外したい。
 日常ゆるふわ系、時代もの・戦国武闘系はものによる。まあ、選択は主観ですね。

しかし... "はたらく魔王さま!"の2期はもう永久にないのか?! ..待ちくたびれてるんだけど。
_______________________________________
重神機パンドーラ LAST HOPE  ©2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media
パンドーラブライ












TOKYO MXより先に見てやったぜい!  NETFLIX様様だ。
河森正治メカを楽しみたい人は期待を裏切らないと言っておきましょう。
設定は2038年。舞台は中国・翔龍(シャンロン)。endingを見ると重慶がモデルのよう。
その
endingではOPテーマになるはずであろうBUMPのカッコイイ新曲"シリウス"が流れる。

今から13年後
(近いな)の2031年、中国・翔龍で地球資源枯渇問題を解決すべく
次世代のエネルギー装置「量子リアクター」を研究開発してた主人公レオン・ラウ(CV:前野智昭)
は装置の暴発事故を起こし、その結果地球全体に進化フィールドなるものが出現。
それを機に植物・動物・機械/AI(つまり有機物と無機物の全て)が融合し独自進化を始める。
生物と機械の境界線が曖昧になり"B.R.A.I"(多分"無頼"から名付けたのね)と人類から呼称されるそれは
人類文明を脅かし人類は防衛都市に引きこもりつつそいつらと存亡をかけて戦う。
フランキスみたく

映画ターミネーターは機械・AIが進化して人を排除するけれどパンドーラはプラス有機物との融合
を掲げたところがミソ。悪くない設定だけど、
その進化エネルギーフィールドに他の動植物は
巻き込まれたのに同じ有機物である人類はどうしてメカと融合しなかったのか? という疑問は残る。

普通の飼い猫も登場してたから影響を受けた生物と受けなかった生物がいるということか。
ならばその条件は? 説明はない。人はどうやってエネルギー摂取してるんだ?
と思ってたら食事のシーン登場。食材は普段の動植物じゃないのだから人間はそれを食べられない
と思うのだがちゃっかり海老を調理してた。食えるのもあるってことか。
単純に人類vs
B.R.A.Iではなく、無機物と融合したバイオエレクトロニクス人類を
絡めた三つ巴の世界観の方が理にかなってるような気もするが。まあいっか。
で、主人公レオンは自分の不始末の責任をとってB.R.A.I対抗装置「ハイパードライブ」を開発してる。
実験を繰り返すが安定駆動しない。何か最後の因子が欠けているわけ。そこに
巨大な
B.R.A.I(写真)が来襲。レオンの家に迫る。家族として一緒に暮らしてるクロエ(CV:東山奈央)
を守るため彼は開発途上のハイパードライブ搭載の可変ビークルに乗り込み突っ込む。
そこで人である自分自身が足りなかった最後の因子であることに気づく。
人型に変形するビークル。ようやく人類は
B.R.A.Iに対抗する革新装置を手に入れた...こんな第1話。
メカはもちろんいいけど、僕はそれより敵のB.R.A.Iのデザインと質感がよかったと思う。

手触りとしてはドブの中に誤って家電製品を落として拾い上げた時のあの質感。
26話かあ。
変形して攻撃したところで若干萎えたけれど、東山奈央だし、僕もパンドラの箱を開けて
1話みちゃったからな。運命共同体だわ。

______________________________________

ゲゲゲの鬼太郎(第6期) Ge Ge Ge no Kitarou ©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

kitarou6











懐古趣味に陥ってるわけではないが、妖怪人間ベムのオリジナル放映&プチ新作の流れ、
手塚治虫のどろろのリメイク間近、Cutie Honey Universe放映開始という時流は、
ポプテピピックの裏側にある僕らが直面してる閉塞感みたいなモノになんらかの関連があるのでは?
という浅〜い興味のもと(もっともベムに関してはアサツーDKが金目当てに食い物にしてる感は否めないが)
久しぶりに新しい鬼太郎をちゃんとみてみた。なんつっても沢城さん鬼太郎だし、野沢さん親父だし。
特に気に入ったのはそのキャッチ
"見えてる世界が全てじゃない"
峰不二子に続き鬼太郎まで沢城さんなの?という少しの悔しさと期待が入り混じった中で視聴し始める。

正直、いいね、この鬼太郎。聞き親しんだ野沢さんのザラついた明るい印象の鬼太郎が、

本来妖怪とはこうなんじゃないかって思わせる陰りのある湿ったトーンの冷静な鬼太郎。
物語の根幹も科学至上主義世界の裏で太古から潜む別の世界の存在や、人に巣食う
魔の闇みたいなモノにもう一度ちゃんと真摯に向かい合って作られているのがわかる。
朝9時にテレビを見てるちびっこがスマホに興奮する目玉親父やツンデレる猫娘に身近さを感じながら、

妖怪ウォッチにはない、「見えないけど何かいる」そんな世界の存在を少しだけ感じてくれることを願いたい。
それが世界への敬意に繋がるはずだから。

_______________________________________
ウマ娘 プリティーダービー Umamusume : pretty derby © 2018 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」製作委員会

afff48b4











Cygames. もしも競走馬がキャワイイ女の子だったら...楽しい。その発想OKな人は観るべき。
この馬娘はセントールの悩みの君原姫乃やモンスター娘のいる日常のセントレアみたいな
ケンタウロス型人馬ではなく人型の馬娘。違いといえばわずかな耳と尻尾ぐらい。
P.A.Worksがやったらこんなに可愛くなる(笑) これの凄いところは実在の馬がモデルになってる部分。
サイレンススズカも、テイエムオペラオーも、ナリタブライアンも、シンボリルドルフ&トウカイテイオーもいる。
しかも各馬の特徴をちゃんと毛色に微妙に反映させてる細かさ。マジっすか。物語のヒロインは
北海道から日本一の馬娘になるために上京し
トレセン学園に転入してきたスペシャルウィーク
(CV:和氣あず未) 持って生まれた瞬発力でデビュー戦でいきなり勝ってしまう。てかスペシャル
ウィーク実際にデビューで勝ってるから。ここもちゃんと個々の馬のヒストリーを丁寧に拾って作ってる。
そこが競馬ファンにはたまらなく嬉しいだろう。俺みたいに実際の競馬場には足を運ばずに、
会社の競馬好きの先輩に「次の有馬記念はどれがおすすめですか?」とその助言で馬券を代理購入
してもらってテレビで結果だけ観ていたような輩にとっても、金の絡まないこの話はそれなりに楽しめる。

4d2ef39f











面白かったのはレースで1番になると観客の前でライブ出来て且つセンターを取れる所。
そっち系のお仲間も楽しめるアニメとなっております。一石二鳥。あなたもいかがですかw
種をつける雄馬がいない不思議な生殖体系アニメ(笑)

_______________________________________
魔法少女俺  magical girl ore © 毛魂一直線・ふゅーじょんぷろだくと/魔法少女俺製作委員会
modal_img

























告知ポスター、めっちゃかっこいいと思ってた。
全ての魔法少女物をリスペクトしながらも、"今俺にできる事は何か?"を考えた作品(笑)
Ch












オープニングのヒロイン卯野さき(CV:大橋彩香)の夢の中での戦闘シーン、
相手の魔物の攻撃は対象物を白黒にするw画面右隅に現れる[ラー]の文字に
思わず笑ってしまった。懐い。
大橋彩香、終始テンポ良くて凄く良い。
ヤクザ姿のwマスコットのココロがさきの家を訪ね契約を持ちかける。実はさきの母親も
若い頃魔法少女やってたのね。契約の際、ココロがコピー用紙にプリントアウトしたみたいな
契約書をさきに見せるんだけど彼女の「予想以上に生々しい..全然Magicalじゃないじゃん」
の反応がツボw 桜世(CV:三澤紗千香)と組む売れないアイドルペア"マジカルツイン"の劇中歌
「ハチミツフラッシュ・変わるわね」はもろ、キューティーハニーだったけど、版権大丈夫か?w
ラスト、密かに恋心を寄せる桜世の兄をマッチョ魔物から救う為に変身を決意する。
その呪文は思いっきり好きな相手の名前を叫んで告る事w  結果は見事変身。
で、筋肉もりもりの男の魔法少女(CV:石川界人)。これはゾンビですかの歩より痛キモい体型。
この残念な感じがこの作品のカタルシスですw 相方の桜世も2話ではきっとそうなる。楽しみ。

_______________________________________
宇宙戦艦ティラミス  
Space Battleship Tiramisu ©宮川サトシ 伊藤亰・新潮社/「宇宙戦艦ティラミス」製作委員会
76aa7154










こちらも狭いコックピットに乗った石川界人、ガルガンティア・レドならぬ今回はスバル・イチノセ。
歴戦のエースらしいが、敵との戦闘よりもやたらコックピット内での有効的な時間の使い方に
こだわるお人柄。写真はわずかな待機時間の間に好きな串カツを食べようとして失敗。
無重力空間に浮遊するキャベルの切れ端群に漠々たる思いを寄せる主人公だ。
宇宙空間なのにラストはTシャツから全裸へ。おいおいレドのイメージ丸つぶれじゃないかw
バトルよりもアホを描きだすことが主眼。且つアホを真面目な作画でやるとこうなりますと
いう10分アニメ。このぐらいの尺がちょうどいいしこれはこれで大いにあり。
シャワーシーンの先輩の諏訪部さんとの「いいケツしてんな」の絡みのところが危ない感じで
よろしいかと(笑)
_______________________________________
かくりよの宿飯 
Afterlife Inn Cooking ©2018 友麻碧・Laruha/KADOKAWA/「かくりよの宿飯」製作委員会
隠り世











幼い頃から妖の姿が見えるヒロイン津場木葵(CV:東山奈央) 。その能力のせいで親に疎まれ
祖父の元で育てられる。この祖父もまたあちらの世界をこちらの世界を行き来できる人だった。
実は若き日の彼が妖の世界で豪遊した借金のかたに葵を隠り世の宿の鬼神の大旦那
(CV:小西克幸)に嫁にする約束を交わしていた。なんかそれだけじゃない理由がありそうだけど。
ここらあたりまでの佇まいは魔法使いの嫁・妖版または神様はじめました。
いきなりの嫁なんて彼女はとんでもねーと断り代わりに労働の対価で借金返済を申し出る。
しかし宿での人間の働き口は見つからない。そこに九尾の狐の若旦那・銀次(CV:土岐隼一)
結果として助け舟を出すことになる。料理の腕に長けた葵の腕を見込んで宿に隣接するも
鬼門で流行らない空き屋で食事処をOPENしてみては?と。これは受けるね、きっと。
オムライスであれだけ銀次が美味しいを連発してたぐらいだから。
2話からは異世界食堂になるw  OPの東山奈央の「灯火のまにまに」はいい感じ。
_______________________________________
LOST SONG  © MAGES./LOST SONG製作委員会
73e75d5b











NETFLIXでとりあえず3話までみた。
歌に奇跡のような力がある世界のお話。
それぞれの登場人物に歌の効能があるのね。
兵士の傷を癒し、時には火を灯し、不作ならば水を湧き上がらせるといったように。
当然そうなると時の権力はその摩訶不思議な歌声を自らの
戦力として保持したくなるもの。
我欲に満ちた隣国との戦争の為に、その歌声を利用せんとする
権力に翻弄される

リン(CV:鈴木このみ)とフィーニス(CV:田村ゆかり)がメインの物語。シンフォギュアとは別物。
役者としての鈴木このみ、悪くない。思ったよりも良い感じ。昔からあまりオペラが好きではない
せいか劇中で歌われるとちょっと恥ずかしさがこみ上げると同時に萎える。ごめん。